Voice

2020.05.28

脳梗塞専門治療 体験談

私は夜中の2時頃に自宅のトイレに行く途中に急に左半身に力が入らなくなり、その場で倒れこんでしまいました。左半身の感覚がなくなり、手足にまったく力が入らず、自分の力では立ちあがる事が出来なくなりました。その状況を見た主人が急いで救急車を呼び、病院まで搬送されました。

原因は脳梗塞でした。そこで1カ月入院して治療を受けた後、6カ月間病院でリハビリを受けていましたが、手足のしびれ、感覚麻痺がとれず、物を握る事もスムーズにできず、足を引きずり少しの距離しか歩行する事が出来なくなりました。

リハビリを6カ月続けても一向に回復のきざしが見えず悩んでいた時に、友人から勝どき東洋医学専門院の紹介を受けました。友人もそこですっかり症状が回復して会社に復帰することができたとの事でしたので、私は翌日勝どき東洋専門院に電話を入れ無料相談を受けました。そこで比嘉先生にこれまでの経過を説明し「現在の症状を少しでも回復する事ができますか?」と質問すると、比嘉先生は「脳梗塞を起こした事による手足の運動機能麻痺、しびれ専門治療と再発を予防する治療、運動機能を回復させる、比嘉式リハビリ法で短期間でほとんどの方が回復し、会社復帰をしています。ですから安心して私の指示に従って治療、リハビリを行うと回復しますよ。」という言葉で、安心して治療を受ける事にしました。1回目の治療を受けた後、丁寧にリハビリの仕 方を教えていただき、自宅で必至でがんばりました。その後、治療とリハビリを続けた結果、1カ月で手足のしびれ、感覚麻痺がなくなり、引きずって少しだけしか歩行する事が出来なかったのが、普通の人と同じように歩行する事が出来るようになりました。治療を受ける前は、このままいくと寝たきりになるのかと不安でいっぱいでしたが、比嘉先生のおかげ様で、すべて解決し普通の日常生活が支障なくできるようになりました。本当にありがとうございました。

                                                 
  香田美和
(院長のコメント)本当に良くなってよかったです。先日も香田さんが当院まで訪ねてきて、今日2時間歩いてきました。すっかり良くなりました。という言葉を聞き、安心しました。
一覧へ戻る

© 勝どき東洋医学専門院・小顔美容プロポーションセンター. All Rights Reserved.