Voice

2020.04.09

脊柱管狭窄症 重症患者さまの体験談

私は、若い頃から腰痛に悩まされていましたが、取りあえず大好きなゴルフをする事は出来ていました。ところが、2ヶ月前ゴルフ場から自宅に帰宅しましたら、玄関先で急に足に力が入らなくなり家族に担がれてベッドに運ばれました。翌日、病院に行くと医師から「重度の脊柱管狭窄が原因で、足の神経が圧迫を受けて歩行困難になっていますので、至急施術を受けた方が良い」と言われました。しかし、その際「手術を受ける事を勧めますが、完全に歩けるようになる保証は出来ないし、寝たきりになる可能性もあります」と告げられてとても悩みました。取りあえず手術を受けずに退院しましたが、「腰を伸ばす事が出来ず、曲がったままで、歩きたくても足に力が入らず、足の引きつり、痛み」に苦しみました。私のこのような状態を見ていた会社の同僚が「自分は、勝どき東洋医学専門院で脊柱管狭窄症を治して頂いたから、その治療院に行ったら良いですよ」と紹介を受けました。
翌日、勝どき東洋医学専門院の行き比嘉先生に「現在、腰を真っすぐに伸ばす事が出来ず、足裏の感覚が無くなり足の引きつりがひどく、杖をついて少しづつ休みながら、歩いている状態です。」それに病院では手術を勧められましたが、医師からは「歩けるようになるとは保証できないし、寝たきりになる可能性もあります」と言われた事を比嘉先生に伝え、「比嘉先生の治療で治す事ができますか?」と質問しました。私の問いに比嘉先生は「私の治療院には田中様のような症状の方が多くおられます。当院は当初、歩行困難で杖をついてきた方が治療後ゴルフが出来るようになっておられます。」と行ってくださいました。
比嘉先生のお話を聞いて安心して治療をお願いしました。
1回目の治療後、足の引きつり、痛みが少し楽になりました。
2回目の治療後、痛くて伸ばせなかった腰が伸ばせるようになり、足裏の感覚が戻ってきました。1ヶ月の通院後、杖なしで歩けるようになり、ゴルフが出来るようになりました。
治療終了後(1ヶ月後)手術を勧められた病院に行き、MRI撮影をして頂いたところ、完全に椎間板が再生して厚みを取り戻して、脊柱管狭窄症が完治していたので医師が大変びっくりして「ありえない」と言っていました。私は、比嘉先生のおかげで痛い足のひきつりや歩行困難が完治して杖なしで歩けるようになりました。また、腰も伸びました。
何よりも、大好きなゴルフが出来るようになり、本当に感謝しております。

誠にありがとうございました。

田中明

--------------------------------------------------------

(院長のコメント)
田中様が来院された時は、杖を使用してもほとんど歩行する事ができず、太もも、ふくらはぎの引きつりの痛みがひどくてとても辛そうでした。最も心配した事は左の足裏の感覚麻痺がひどく地面との接地感がまったく感じられないとの事でした。・・・田中様本当に良かったですね。
重症な脊柱管狭窄症で歩行困難な方、リスクのある手術に躊躇している方、太もも、ふくらはぎの痛みや引きつりに苦しんでいる方、歩行困難を我慢して悩んでいる方、杖を使用しないと歩行が出来ない方、電話予約の上、お気軽に無料相談を受けてください。

一覧へ戻る

© 勝どき東洋医学専門院・小顔美容プロポーションセンター. All Rights Reserved.